ペットの洋服を購入する時の注意点

近年ではペットを我が子のようにかわいがり、かわいい洋服を着て着飾ったりする人も増えてきました。このようにかわいらしく着飾り楽しんでいる人もいれば、動物には毛があるからなにかを着せる必要はないのではないかと考える人もいるでしょう。動物の毛の役割としては、体を保護するため、体温調節をするためなどの理由があるので、無理になにかを着せる必要はありませんが、着せることで様々なメリットもあります。室内で飼っている動物の場合には毛が抜けるのを防止したり、太陽の熱から体を保護する働きもあります。また寒い冬には防寒対策にもなります。皮膚の弱い動物の場合には、外部の刺激から肌を保護したり、虫除けにもなります。このようにペットが洋服を着るメリットはたくさんありますが、購入する時にはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

どのような場所で購入するべきなのか

それではまず洋服はどのようなところで購入すればよいのでしょうか。ペットショップで販売されているのはもちろんですが、近年ではホームセンターや大型ショッピングセンターなど、様々な店舗で販売されるようになりました。そしてネットショップでも豊富に販売されています。ネットショップを利用する人も多いかもしれませんが、初心者の場合には、自分の飼っている動物に確実なものを着せられるように、採寸や試着ができる実店舗で購入した方が良いと言えます。飼っている動物それぞれに体や肌の特徴があるので、最初はやはり店舗で専門のスタッフに相談してから購入するとよいでしょう。ネットショップでは、手作りする人のために、型紙や生地を販売しているショップもあります。またオーダーメイドで注文できるところもあるので、特別な日に着るものとして、少しお金をかけてあげるのもよいでしょう。

サイズや生地に注意して購入しよう

人間が自分の体のサイズに合わないものを着ていると、着心地も悪ければ、見た目もだらしがなくみえてしまうこともあります。同様にペットもサイズの合わない洋服を着せられれば動きにくいと感じることもあるでしょう。購入する際には、首回り、胴回り、背丈をきちんと測り、正しいサイズのものを着せてあげる必要があります。首回りは首輪の少し下の位置で測り、あまりきつくならないように少しゆとりをもたせるようにしましょう。胴回りは前足の後ろ側を測り、こちらもゆとりをもたせるようにしましょう。背丈は首回りからしっぽまでを測ります。そして生地も重要になります。動物はとにかく動き回る生き物であるため、伸縮性のある生地を選ぶようにしましょう。同時に丈夫な生地を選ぶと、洗濯してもあまり傷むことがなく、長持ちさせることができます。