ペットの洋服のおすすめの選び方

わが子のような存在のペットたち。どうせならもっと可愛くなるよう洋服を着せてやりませんか。常に毛皮を着ているのだから必要ないように思えますが、今やその種類の幅は広く、日本の風土に合った種類だけとは限りません。さまざまな種類がいる中、寒さに弱い子には防寒対策のためにもぜひ着せて欲しいのです。それ以外にも、紫外線対策や抜け毛対策・汚れの防止や傷舐め防止など着せることによるメリットはさまざまあります。ぜひおすすめなのです。最近ではペットショップにさまざまな種類のものが売られています。どれもカラフルでかわいらしいのですが、見た目のデザインのかわいらしさだけで選んでいては失敗してしまいます。失敗しないためにはいくつかのポイントを守って選ぶことが大切です。

ピッタリのものを選ぶようにしましょう

たとえばワンちゃんの場合には体高と体長で測ります。人間のサイズ選びとはまた異なるので注意してください。洋服を選びに行く前に事前に調べておきましょう。人間でも同じですが、必ず試着もさせてみてください。単に見た目の可愛さだけで選ぶと、実際に着せてみると毛色に合わなかったり太って見えたり。たとえ安売りの品であってもお金を無駄にしないためにきちんと着た様子を見てからがいいです。同じサイズでもメーカーによって基準は異なります。素材もしっかり見てください。季節に応じて素材選びも注意しないと夏場は蒸れで・冬場は乾燥で皮膚にトラブルが起こってしまう危険性もあります。防寒のためにと着せる洋服がペラペラではまったく防寒の役割を果たしてはくれず着せる意味がありません。

ペットの気持ちを考えて選びましょう

いきなり洋服デビューとなると違和感を覚えるもの、できれば赤ちゃんのうちから着せて慣れさせてやりましょう。大人になってからデビューするという場合には最初は無難なノースリーブタイプがおすすめです。できるだけ服の面積が狭いものから少しずつ慣れさせてやるのです。ストレスにならないよう注意してやってください。華美なデザインのものもさまざまありますが、着るのは生き物です。ぬいぐるみではありません。足回りや首周りがゆったりしていて動きを制約しないようなデザインのものにしてあげてください。見た目以上に機能性を重視してあげましょう。可愛さをアップさせるため、というだけでなく防寒や抜け毛防止などその他の機能にも眼を向けて、何のために着せるのか今一度考えてみてください。